全国本部/経営企画・管理部門

全国域総合職

MISSION

JA共済事業が
未来に進む方向を
策定する「舵取り役」。

Interview 09

SATOSHI hase

全国

Interview 09

全国本部 経営企画部
事業戦略室
事業戦略第2グループ
長谷 智志
(2011年入会)

「自分が成長できる環境かどうか」を軸として就職活動を行っていたところ、JA共済連に出会う。どの部門においても求められる高い専門性、一人ひとりに求められる役割が大きい少数精鋭、若手職員でも活躍できる環境に惹かれて入会。

仕事相関図

部門全般

中長期戦略の策定・実現に向けた情報収集を始め、各部門との協力・連携による戦略の実践を行う。

JAグループ

中長期戦略の策定・実現に向けた情報収集や意見交換等を行う。

その他企業

共済・保険業界のほか、様々な業界の動向や今後の洞察などに関してヒアリングや意見交換等を行うことがある。

JA共済連の進む方向を策定し、
各部門と共に戦略を実践する。

これから5年後、10年後に起きる未来はどんなシナリオだろうか?今後の事業環境を見据えながら、「これからJA共済はどのような存在であるべきか」「そのためには、どのように対応していくべきか」というように、JA共済事業を俯瞰的に捉えて事業の方向性を探り、中長期的な経営方針や事業戦略の策定をすることが私の業務。いわばJA共済事業の未来に向けた舵取りをする役割であり、将来のJA共済事業に対して大きな影響力を持ちます。例えば、最近では、デジタル技術の発展によって、これまでの共済・保険のビジネスモデルそのものが変革しつつあります。これまで培ってきたJA共済のアセットを活かすことで、新しいイノベーションを生み出すことができるかもしれません。そのため関連部署はもちろん、JAグループや様々な分野の企業や有識者と意見交換を行い、現状分析や戦略策定の精度を高めています。
事業戦略は策定すれば終わりというものではありません。策定した中長期的な戦略を実践していくためには、仕組開発、普及推進、事務・システムなどの各部門と、価値観を共有したうえで、何をどのようにすれば実践できるのか、連携を図りながら一丸となって推し進めています。経営者に近い視座で、JA共済という巨大な組織の事業戦略を策定できることは非常に刺激的な業務です。

新たな着眼点に刺激を
受けながら見識の幅を広げる。

JA共済を取り巻く環境が大きく変化していく中、時代に合わせて改革すべきところは改革し、維持すべきところは維持する。このような中長期の観点から描く事業戦略は壮大なものになります。さらに描いた戦略を実践していくためには、長期的な取り組みが必要となるため、論理的かつ実現性を兼ね備えた提案を行い、理解を得ることが重要となります。現在の部署に異動してくる前は、仕組開発部門に5年、事務・システム部門に2年所属して、それぞれ自信を持って業務にあたることができていましたが、現部署では、まだまだ現在の業務を遂行するには知識が不足していると感じています。そのため、上司や先輩の指導を受けながら、時には議論を交わすことで、日々知識やノウハウを吸収しています。加えて、見識をより広げるために、様々な業界の方々から知見を得る機会を積極的に設け、異なる視点による様々な気づきや多様な考え方を学ぶことで、自らの知識・思考・アイデアをブラッシュアップするよう日々研鑽に務めています。入会した当時、「全国本部職員として、JA共済事業の当事者であるという意識を大切に」と先輩職員から教わりました。私自身がJA共済事業を運営する一翼を担う当事者であることを肝に銘じ、これからもJA共済事業を担う人材として自他共に認められるように成長を続けていきたいと思っています。

従来の枠組みを超えた
新しい価値の創造へ。

JA共済事業を取り巻く環境がどれだけ大きく変わっても、JA共済事業の持つ「安心と満足の提供を通じた豊かな生活・社会づくり」という使命は不変です。今後の私の目標としては、どのような未来を迎えても、JA共済事業がこの使命を変わらず果たしつづけられるように、JA共済の歩むべき方向性を示していきたいと考えています。中長期的な事業戦略を策定するためには、JA共済事業が様々な局面を迎えることを想定しなければなりません。事業基盤の構造変化、各種規制の動向、デジタル技術の革新など、JA共済事業に大きな影響をおよぼす環境変化はあらゆる方向にあります。特に、デジタル技術の革新によって、これまでの共済・保険モデルの枠組みにとどまらない「新しい価値の提供」が求められる世の中が到来するはずです。将来を見据えた中で、JA共済の強みを活かしながら、時代に合った「価値」を提供できるよう、今から戦略的な布石を打っておきたいと考えています。

キャリア
2011年
入会。全国本部 開発部 生命開発グループに配属。「ひと」の保障にかかる仕組開発・仕組改訂においてニーズ調査・企画提案・約款作成・行政説明などを全般的に担当する。
2016年
全国本部 事務企画部(現JA支援企画部) 長期事務グループに配属。タブレット型端末機『Lablet’s(ラブレッツ)』を活用した事務手続きの策定・改善や税制改正等の法令改正に伴う事務手続きの策定・改善を担当する。
2018年
全国本部 経営企画部 事業戦略室 事業戦略第2グループに配属。中・長期的な事業戦略の策定を担当する。

全国

クロスバイクで汗を流したり、
子どもとゆっくり過ごしています。

ロードバイクやクロスバイクでのサイクリングや、興味にまかせて読書や勉強をしています。また、甘えん坊な子どもに癒されながらゆっくりと過ごす時間も多いです。こうした何気ない休日が、結果的に仕事で十分なパフォーマンスを発揮できる「体・頭・心」をつくることになると考えています。

ページトップへ戻る